muzinaの『遊日和』 

主に月曜休みの男~レクリハビリ中~

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日の出を見ようゼ!高千穂の峰登山~muzina編~

Category: 登山  
10月17日に牧師さんよりメールあり。

内容
「こんにちは、お疲れ様です。 今度の月曜日に日の出を見る登山をするんだけど
どうですか?」

おお! 恒例になりつつある「早朝登山部」からのお誘いだ!!(前回は寝過ごした・・・)

月曜日の予定は福岡で開催される美容師のコンテストにスタッフが参加するので、応援に
行くつもりでいた。

とりあえず、返事を保留して日曜の夜・・・・・考えるワタクシ・・・

コンテストって言ったって、自分が出るわけじゃないし、スタッフ達はバスで前日入り。

そんなこんなで、
「俺が応援に行かんかわりに、日の出の高千穂峰から激励写メール送るわ!」

そうスタッフ達に言い放ち、「参加」のメールを牧師さんに送信するのでした。


・・・・・とは言いつつも、前回の早朝登山を飲みすぎバックレしたワタクシ。

「ななさんのレポ」

信頼?を取り戻すべく、一番乗りをめざし登山口の「高千穂河原」へ進路を取る!!
いざ鎌倉! もとい高千穂へ!

勇んで「高千穂河原駐車場」へ来たのですが、時間は夜の12時w

人っ子一人おらず、シカ4匹って感じなのですが、不思議と怖くはありません。
山の上ですから、非常に星がキレイ!

写真を撮るのを忘れるほど、半球形の空に見入っていました(写真ナシ)

登山開始は午前5時。 真っ先に討ち入り?した身としても、睡眠は取らねばなりません。

焼酎の霧島200ML(オイオイ!)をグビリとやりつつ、運転席のシートを倒して、
NHKの深夜放送を見ながら、眠りに付くのでした・・・・ZZZZ・・・


夢を見ました。

それが夢なのか、まどろみなのかは解りませんが僕は運転席に横たわりながら、
掛けっぱなしだった車内TVを見ていて、

「車内灯つけっぱなしだったなぁ~」 ムニャムニャ・・・・と、そう考えました。

その時


「コンコン・・・」

運転席の後ろ側の窓から音がします、ノックした音に聞こえましたが、風の音かも知れません。
ましてや、夢の中の出来事かもと思いつつ。 もう一回聞こえたら、確かめてみようと
とりあえず車内灯を消して、再び眠りにつくのでした。


4:45にセットしたアラームが鳴り、目が覚めると、後ろに牧師さんの車が到着していました。
僕の車の車内灯は、消えていたかな?www たぶん夢です。

牧師さんと会話を交わしつつ準備をしていると、「山さん」到着です。

前回の「佐多岬ツー」以来の山さんです。  なんと!セローで登場。




写真のウデがピカイチな山さんの参加は非常にコーフンします。
今回はどんな作品を撮ってくれるのか!!(楽しみにしてますよw)

集合時間の5時になる頃、一台のジムニーが到着しました。

CRさんとななさんの到着!

また、このジムニーが一度見たら忘れられない「形状」をしているので、その辺のエピソードは
下山後に・・・・w

今回の参加者は
牧師さん」 「ななさん」 「山さん」 「CRさん」 「muzina」の五人。

準備が終わったトコでいよいよ、アタック開始!

「古宮址」から高千穂峰登山ルートへ入ります。 先頭は牧師さん。

あれ~? おかしいなぁ・・・
登山ルートの最初の石段を登るウチに、少し息切れがしてきました。

こんなハズでは・・・と思いつつも道を他のメンバーに譲り、最後尾を歩きます。

体調がってワケでもないのに・・・・・・・そうか!「太りすぎか!」ww

先頭との差が大分開いてきて、先に行ったメンバーの懐中電灯の明かりが僕を心配するように
こちらを照らすのがチョット口惜しいw

そんなこんなで進んでいく内に足を滑らして、岩にヒザをぶつけてしまいました。

イテェ~~!!
「遅れたペースの言い訳になるかな?」 と思いつつも、ヒザの痛みはたいしたことありませんw

一時間とちょっとが過ぎて 難所の「ムナツキハッチョウ」を越えたあたりで
日の出の光が見えてきました。


takati (2)

御鉢」の外輪を歩き始めると、先頭のメンバーが光の先に見えた!撮り損ねたけど山さんかな?

写真の中央の小高い部分が「高千穂峰」の頂上!




takati (3)

「御鉢」の外輪の部分は、わりかしフラットで文字通り「馬の背」と呼ばれる場所。
両方は絶壁!!

そこにたどり着くと、後ろから「雲」の切れ端が僕を追い立てるように迫ってきます。

道幅と両輪の絶壁のせいなのか、しばしば事故が起きるコワ~イ場所。
人の道を踏み外しても後ろ指差されるコトはあるでしょうが、「この道」を踏み外したら・・・・

そんなことを考えながらも、最後の登りへ向かいます。



takati (4)

ヒィヒィ・・

登った後を振り返ると、雲がやや晴れてきました。 昔は登山道もなかっただろうに、
この場所に「信仰」を見出した人たちも、ここに「神」を見たのでしょうか?



takati (5)

ようやく9合目あたりかな? 頂上はすぐソコのはず!!

「何が9合じゃ、ワシは一升酒じゃぁ!」 と思ったかは覚えてませんが、
進まない足を引きづりつつ、みんなの後を追う僕。

たしかに疲れてはいるんですが、楽しくてたまりません♪
クライマーズハイと言う奴なんでしょうか?  それとも〇ゾなのか?

ビリっケツをネタにされるのか? 容赦ないカメラのシャッターの洗礼を受けつつも、頂上へw



takati (6)

頂上は、ななさんコーシーという甘露がある楽園でした。

写真は右から、ななさん、CRさん、山さん。
CRさんに至っては「ハーフパンツ!」   優雅なフラミンゴの様な、おみ足です。

頂上で寛いでいると、牧師さんは用事のため集合写真を撮ったら、ただちに下山するとのコト。

当初の予定より押しまくりですもんね。  スイマセン~~(汗)




takati (7)

集合写真をセルフタイマーでセット!

写真じゃノッタリですが、超ダッシュなお二人。


カシャ!






takati (8)
                                                   撮影:牧師さん





takati (9)

集合写真を撮り終えるやいなや、下山に入る牧師さん。

飛ぶように駆け下りる牧師さんに「気をつけろ~」「死ぬな~」とみんなで声を掛けて見送ります。
お疲れ様でした! また登りましょう!!

残ったメンバーはそれぞれ、コーヒーをお代わりしたり、握り飯を食ったりしています。

そして、僕は大事な儀式を遂行するのでした。


takati (10)

上の写真を添付して、
今日、美容コンテストで戦うスタッフ達に激励メールです。

本文:
「頂上に着いて朝飯を食ってます。 高千穂峰からの眺めは最高です。
コンテストも長丁場ですが、頑張って下さい。 ビューティアイ(店の名前)を
有名にしてね!(笑)」

う~む・・・なんという経営者の鑑(アホ)ww
返信が帰ってくると丁度朝飯の途中だったらしい。

後日談ですが、一人がファイナルの手前まで残ったらしくて、店の名前が電光掲示板に
出たとのコト。(もっと欲張っておけば良かったw)



takati (11)

同じアングルでも朝日がグングン揚がって来ると、違う印象な絵になります。




takati (12)

こちらは霧島山系で唯一の山小屋。

今でも管理する人がいるのかな?



takati (13)

色々と神話談義やらツーリング談義に花が咲き、下山まで結構な時間が経過しました。

雲もすっかり晴れて、空はドコまでも青い!
下山とその後の温泉に思いをはせつつ、頂上を後にします。




takati (14)

「写真でこの勾配の角度を伝えるのは難しいですかね~?」muzina
「来てみらんと解らんやろなぁ~」CRさん

と話しつつこの写真を撮ってみますた。

わっかるかなぁ~?






takati (15)

頂上を下ってすぐの頃、後ろを振り返りつつ写真を撮りました。




なんか・・・・違和感を感じます。

ななさん!!!

「後ろの正面、誰ぁ~れ?」


~心霊番組風ナレーション~

「ごらんいただけるだろうか? 写真の人物の左肩と左腕に注目して頂きたい。」





takati (16)
「人物拡大写真」


左肩に「嬉しそうな男の顔(ピースサインらしきモノまで!)
人物の左手に「青いストックを持った小さな手」が!!


正面の人物の足の裏には何も写っていない!   ババ~ン!!

ネタにしてすいませんww

しっかし、見事にCRさんの足が写っていません。  偶然って凄いね!






takati (17)

ななさんに「後姿」を撮ってもらって、ちょっと進んだエリア。

左右はサブイボが立つくらいの絶壁です。



takati (18)

おお~っと!

ななさん、除霊成功!!

じゃなかった・・・・CRさん転倒ですw
撮りきるまで姿勢を維持してくれたサービス精神?に感謝!




takati (19)

「御鉢」に千切れた雲がぶつかり、斜面を撫でるかのように雲が渦巻いています。

これも来た者にしか見ることの出来ないダイナミズムなり!!





takati (20)

写真の中央左に「高千穂河原駐車場」が見えてきました。

この「ムナツキハッチョウ」を下れば、もうすぐ終わり。
飛ぶように駆け下りるのが気持ちいいこの場所なのですが、
下山途中の事故が一番多いこの場所。

登山用のストックを忘れた僕はバイクのグローブをはめて、慎重に下ります。


takati (21)

斜度は高い場所で30度はあるでしょうか?

ゴツゴツしたこんな岩場がホッとする下り。

ガレ場の下りはマジで怖いです。

登り口の石段が見えてくると、次々に登山者とすれ違います。

「おはようございま~す」 さわやかに挨拶を交わす我々ですが、
登り口が近づくにつれて、「黒い優越感」(フフフ・・ここから大変だよ~的な)が芽生えるのは
なぜ!w



takati (22)

駐車場に降りてくると「文ちゃん」がお出迎えでございました。
なんと! 紅茶とお手製ドーナツ(パンプキン)ご持参で!!

ゴチになります!!

CRさんの「ジムニー」は仕事に遊びに大活躍の良い相棒。
家族に「軽トラ買って来るわ~」 で買ってきたのがコイツw

納得させてしまうのがさすがですw




takati (23)

甘めの紅茶とパンプキンドーナツ、文ちゃん! 嫁に行けるわ!

そんなこんなで終了した「早朝登山」  温泉に入ってマッタリと午前中に終了したのでした。

次はドコ行く?
スポンサーサイト

テーマ : 登山    ジャンル : スポーツ

Comments

嫁にはいかねーぜ。
婿だぜ?!

喜んでいただけたようでよかったです。
Muzinaさんが一番食べていたような・・・・

次はスコーンとジャムだね。
ぜひ 投稿を
  nanaさんの心霊写真 採用まちがいなし
  コメントは 「若くしてここで遭難した若者の霊」とか 付けて
  (あ CRさん ごめんなさい あなたのことではありませんので)
先日は ありがとうございました。

私はステッキ(この日のために新調)は、持って行ったものの
手袋を忘れて、岩を掴むと痛かったです。

あっ、それと・・・

どこに 落としたんだろう?  ボクの足。。
除霊成功!
良かった取れて(笑)
 しかし~、私のぶっとい足にCRさんの美しい足はスッポリ隠れたのね~。
アップにするから太いのが強調されとるやないかぁ~い。(怒)ウソ
 
あ、筋肉痛出てないのヨ~~ホホホ
また遊びに登りましょう。
初日の出登山も予定されているかもかも。
痩せなきゃ・・・。
どうもお疲れさまでした!
今回も面白い内容で、楽しく読ませて頂きました!

こういう山を登ったのは初めてだったので
もー感激!
またいろんな山を登ってみたいなぁー
あ、おにぎりありがとうございました!
けど、下山してから文ちゃんのドーナツをバクバク食べていたので
ちょっと悪かったかなぁ・・・と、思いましたが(笑)

想いが通じてスタッフも頑張ったみたいで
よかったじゃないですか~。
心霊写真は凄い偶然ですね!
あの絶景が見れるんなら登ってみたい気もして、、、。
山、最高っす
お久しぶりです。
登山、お疲れ様でした。
すっごく綺麗に写真が撮れてて感動しました。
心霊写真、CRさんが風になってしまったのかと思いましたよ。笑!!!
でも、山は最高だと再認識できるレポでした。
あ~っ、山に行きてぇ~~~っ!!!
まとめれす


文ちゃん>

どっちでもイケるスペックを目指してくださいw
余ったドーナッツは次の日のティータイム?に使いました。
お心遣いありがとう!!

次はスコーンですか? 楽しみに待ってるよ!



肥前Fe2さん>

霊の類は信じませんがw 数多の心霊なんとやらもこんな感じなんでしょうかね?

似た様なシュチュエーションの心霊写真(背後の人の写る部分が写ってない)
の解説にまわされそうな感じです。 これが撮れただけでも、登った甲斐が
ありましたw


CRさん>
健脚にビックリ!しました。
準備不足とおっしゃいますが、スペックが(歩きの)足り過ぎではないかと・・・w
脚は見つかりましたか? 終わりのコメントで乗って下さってありがとうございます。ww



ななさん>

今回も?ネタにさせて頂いてありがとうございました。

後ろ姿を撮って頂いたワタクシ(デブ隠しとして)は恩を仇で?返すようなマネを
してしまいました。
付け加えれば、アネゴの脚が太いんじゃありません!!
CRさんが細すぎるんです(フォローになってないかな?)
筋肉痛は三日ほど引きずりました。 なにより最下位だったのが、
恨みどころw 見返してやるけんね!



山さん>

ありがとうございます。 「こういう山」を楽々な山さんにビックリ!です。
霧島山系は冬が本番です。 アイゼンとストックを買って、ツララでも
見に行きましょう!
こちらもペースに付いていける様に、頑張ります。
文ちゃんはバクバクで嬉しいと思います。 今度は身包み剥がす勢いで
バクバク行きましょう!


sadabouzさん>

四人エントリーで一人がファイナル手前まで残りました。
電光掲示板にウチの店の名前が出たらしいので、ワタクシの計らい?が
良かったのかな?ww

「心霊写真」を紹介したいがためのレポでした。 第三日曜日はお休みはないですか?
日帰りならば、飛行機使ってでも、山行に参加する価値はあると思いますw


西ブーさん>

お久しぶりです。
いっしょに山登って、温泉入ったのも大分前ですね。
ひさしぶりの高千穂はキツかったけど、とても楽しかったです。
トレーニングとしての運動が飽きっぽいボクには合わないけど、
山登りは別です。 またご一緒できる日をヨロシク御願いします!
写真は下手なテッポもなんとやらですw

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

muzina75

Author:muzina75
遊びの日は非定期化
進むも引くもサジ次第♪

FC2カウンター
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。